絵の制作過程:ボールペンと色鉛筆画

団子状に物事が連なって嬉しいことです、流れがスピードアップしてる感じです。でもこの流れは去年もあって病気する前に、あの時は、ただその流れに乗っかっていた感じですが、今は割と、ちょっと流れを遠目に見て、取捨選択できる視点で、コレ!というものだけ選らんで進んでいます。それでも、早いこの流れ

そんな私を見てる人何人かはキテルね!と言ってくれました

そう、キテるんです。でも、何でもかんでものっかりませんが笑

で、乗って、あちゃ〜って思ったら、それも良い経験として後悔はしませんが。

しないで後悔するよりマシ

さて、絵のプロセスです。

と、言っても、この作品、そんなに変わり映えしてるプロセスは無いんですが

額装したらこんな感じ

元、この絵はボールペンで1年くらい前に描いた絵でした。今回は、主線だけ残す描き方じゃなくて、何本かの線でラフっぽく描きたくて、こんな感じにしました。

そして、元のボールペン画に10などの鉛筆とさっぴつでグレーの領域を付け足しました。

グレーの部分ができたら、色鉛筆で色を入れていきました。

髪の毛をスペクトグラムのグラデーションにしたくて、まず髪の毛から。

そのアップ

この間のプロセスの画像が無いですがまぁそんなに変わって無いのでいっか、背景を塗り、他の部分を色塗りしてでもあまり色を入れすぎないようにもしました出来上がりました。

額装

まだ、この絵はどこにも展示してないなそういえば笑

話し変わって、最近と〜っても思うのが、どんな成功学を学んでも、ビジネス的にうまくいくやり方を学んだとしても、左脳的な理論のノウハウの前に、そしてまたスピ的な事で言えば、浅い部分の癒しを何度となく繰り返してもどんなにキラキラ?とか生きようとしても、人間の本質の部分つまり、ハートですが、そこ、そこと繋がらないと、また別の言い方をすれば、自分の事を大好きになる肯定できるようにならないと、な〜〜〜んにも始まらないんだなぁとつくづく思ってます。そこを彷徨い続けたジプシーの時期が長い

私なんて、ほ〜んと自己否定いっぱいの何十年がありましたが、今では自分が大好きになりました笑

それは、ま〜〜ったく役に立てず、本当にイケて無い辛い時を経て、それでも存在してくれてるだけでいいって言ってくれた友人、そしてこの私でも大丈夫なんだ愛してくれる人達が居るんだって本当に本当に知ったから。世界を、そして自分の存在を信頼する事が出来るようになったからです。

明日は本当にどうなるかわかりません。

明日、この世からいなくなる人もいます。

そして自分がその一人にならないとも言えません。

って、私はいつも思ってる

だから、今日を、今を後悔無いように、精一杯いや、別に精一杯頑張るとかじゃなく、自分が自分の幸せのためにベストをつくしていける生き方をしていこうと、決めて生きてます。

自分の人生の責任者は、自分しかいませんからね〜