とにかく歩いてやろう5北品川青物横丁後編

すいません、更新が一日遅れてしまいました。

一昨日に引き続きまして全く歩いていないけど、

とにかく歩いてやろう北品川青物横丁後編です。

私が住んでいた東品川の部屋は、

りんかい線天王洲アイル駅近くで、

京急青物横丁駅まで、徒歩15分ほど。

青物横丁の商店街は、

旧東海道沿いに立ち並んでいます。

旧東海道沿いの商店街は、

北は、北品川から始まり、南は鮫洲あたりまで、

細長い商店街を形成しています。

平日、休日問わず、

早朝、会社に行く前に散歩したりして、

とにかく旧東海道を歩くのが好きでした。

道路が一方通行で、車の通りが少なく、

ところどころ、石畳もあるし、街路灯も整備されていて、

歩行者に優しい道です。

それより何より、下町情緒あふれていて、

何かと言えばお祭りがあって、

ねじり鉢巻きに、ハッピ姿の地元の人たちが

楽しいそうに、通りを練り歩くのを見るのを楽しみにしていました。

北品川商店街を歩いていくと、

次の商店街は、品川宿場通り南会。

さらに歩いて行くと、

青物横丁商店街に着きました。

ここは、ジュネー平和通り。

ジュネー平和通りは、

青物横丁のメインの通りです。

ジュネー平和通りの名前の由来は、

品川区と友好都市提携を結んだジュネー市スイスから、

AvenuedelaPaix(フランス語で平和通り)

の標識が送られたことから、感謝の意味を込めて名付けられました。

京急青物横丁駅の脇を通って、

ちょっと歩くと、スーパーがあります。

Oスーパー

それと、映画好きの私には欠かせない店が、

青物横丁駅の向かい側にあります。

週一回は、をレンタルしていました。

ただ、仙台のお店より、レンタル料が倍近く高いんです。

ちなみに、仙台の最安値店は、

開店当初は、旧作が一週間レンタルで、消費税込みで50円でした。

その後、徐に値上げして、

現在は消費税抜きで、それでも、80円です。

映画好きで、鑑賞派には、

仙台っていいところだと思いませんか。大いに自慢

青物横丁商店街を過ぎると、次は、鮫洲商店街。

このあたりから、商店街としては、

まとまりがなくなっていき、人通りもかなり減っていきます。

商店もまばらになっていき、さらに、ぶらぶらと歩いて行くと、

旧東海道の終点が見えてきました。

旧東海道の南端は、鈴森刑場跡。

ここまでノンストップで、30分〜40分。

ゆっくり歩いて、お店や神社などに寄り道していると、

1時間ちょっと、というところでしょうか。

途中、昭和に戻ったような畳店。

懐かしい

私の父は、80歳過ぎまで、自営業を営んでおりました。

畳店の雰囲気が、子供時代の自宅の店にそっくり。

緊張しているんでしょうか、

頭に何かを被りj仏頂面で、カメラを睨みつけているのが私。

顔を隠しているのは、さて誰だったか。

昭和の時代を思い浮かべながら歩いていくと、

より興味深く、より楽しい、旧東海道の商店街通りですね。

妻のブログ、

良縁ナビゲーターフラクタル心理カウンセラー山田美子のブログ

心理カウンセラーをしていますので、ご訪問ください。