一人も欠けず、20年続けてきてくれてありがとう〜2015年6の20周年のコンサート

こんばんは。

うっひっひ

すみません。いきなりこのテンションで。

今日は週末の金曜日ということに加えて、雪が降ってくれていたおかげで早く帰りました。定時に帰っちゃいました。あぁ、テンションが上がるぅっ!

家に居られる時間の長いこと、長いこと。

珍しく機嫌よく夕食を作っちゃいました。そんなに嬉しいか?

サクサクと、料理しながら洗い物も同時進行これは、理想的な姿です。

元気さえ残っていれば、やれるしやるのです。

普段は疲れ切っていて、できないだけで、本当はやりたいのです。

今夜はお陰で6の20周年のアニバーサリーコンサートの映像も、前半だけ堪能できました。

くぅ〜っ幸せ!

成人式の日にいただいたお裾分けのお花。

このライブには、6と同じ事務所の方たちもいらしてまして、ステージにも下りてきてくださっています。その中で、バクチクではなくアシのこれも紛らわしいなぁ敦司みたいでサクライくんがファンとしてという前置きでこんなことを言ってくれています。

一人も欠けず、20年、続けてきてくれてありがとう。

と。

20年は25年になり、先日は30年になったけど、全く同じ言葉をBUCK-TICKに向けて語った自分の気持ちと通じるところがあって、嬉しくなりました。

櫻井敦司BUCK-TICK

櫻井翔

ファンとしてこの前置きも気に入りました。

かつて好きなバンドのメンバーサイドギターが身体の都合で脱退するという経験を、10代の前半にしました。身体をこわしてしまったので、仕方がないのですが、その後はもう一人のメンバーまでもが耳を悪くして脱退。二人になった後はメンバーを新しく加え、名称も変更してのバンド活動。好きだったのはボーカルの人だったので、一見、何も問題ないように思えますが、やはりオリジナルのメンバーが揃わないことが悲しかったのを思い出します。

もう一つ、好きだったバンドも。いつのまにか活動休止していて、さみしく思っていました。幸い、再結成をしてくれて10年が経ち、今でもライブに行っています。

再結成して初めて彼らのライブに行ったとき、忘年会という名前のゆるぅいライブだったので、メンバーと話すことができました。その時にはすぐに言えませんでしたが、ボーカルの人にはお手紙を書いて、ずっと歌い続けてくださって、本当にありがとうございます。あなたの歌が聴けることに心から感謝します。という気持ちを伝えました。二度か三度くらい同じような内容の手紙を書いた気がします。

時には、彼のライブ中の姿を短歌にして書き送ったこともあります。今思うと、ちょっと恥ずかしいのですが

いずれにしても、あるバンドやグループがずっと同じメンバーで続けて活動してくれること、素敵なパフォーマンスを見せてくれることは、決して当たり前のことではないと思います。思うだけでなく、自分に言い聞かせることも多いです。なぜなら、私は自分勝手なものですぐにそのありがたみを忘れてしまうからです。小さなことに不満を抱いてしまったり、些細なことを気にしてしまったりして、ありがとうという気持ちを忘れてしまうことが多いからです。

これは何も、ファンとしての話に限ったことではなく

家族に対しても、友人に対しても、仕事に対しても同じです。すぐに忘れてしまうありがとう

言われるとこそばゆくて、嬉しいくせに、自分はすぐに忘れてしまう。

今日も、思い返せばありがとうございますとかありがとうございましたという言葉をたくさん言われました。どこか習慣のようになっている場面もあるので、ついつい慣れてしまっているところがありますが、これも当たり前のことと思ってしまわないようにしなくてはなりませんね。疲れてしまって、麻痺してしまいそうでしたが、この翔くんの言葉のお陰で考えさせてもらいました。

ん?

もしかして、ラシのサクライくんって、すごくいい子なんじゃないの!?今頃?

いや本当に。

ファンじゃないけど、ちょっと見直しました。

そういえば!

岡田くんとハグしてましたよね?岡田くんがかな。

ぶっさんとかバァンビとか呼び合っていましたが、そろそろ

木更津キャッツアイも、見てみる心の準備ができてきたみたいです。

が、その前に月曜日が締め切りのアレと、19日が締め切りのコレの準備と、23日が締め切りのソレと、いいかげん片付けなくちゃいけない五つ以上のタスクと格闘しなくては。

ということで、嬉しい週末もバッチリ仕事が入っているのでした。これにも感謝しなくてはいけないのね。嬉しくって、涙が出るよくぅ〜っ

頑張れば報われるはず。

頑張るから神様、チケット運の神様ぁ〜。どこまでも我欲の塊であることは変わらないのでありましたとさ。

にほんブログ村今日は雪が降りました。一斉にみんなが窓の外を見るこちらは雪といえば珍しいもの、ワクワクするものですが、雪深い地方では全く違う受け取られ方をするのでしょうね。それから、インフルエンザの型にかかっている人が周囲で続出しています。皆様もどうぞお気をつけください。はい、私も早寝します。おやすみなさい。ワン!