半分お客モード半分愛人モード

今朝、昨日言われた嬉しそうじゃない

を、意識してしまった。

う〜〜ん、嬉しそうじゃないかなあ?

そんなこんなで、朝、話す台詞を考えてみたの

(笑変に真面目)

それで、

こんな風に言ってみた。

さん、相談があるんですけど

あたしの、彼、エッチ過ぎて困るんですぅ。

どうしたら、いいですか?

にいさま、笑う。

そんなに、エッチかなぁ。

そうでもないと、思うけどなぁ。

あたし、

え?さん、あたしの彼、知ってるんですかぁ?

爆笑。

にいさま、笑いながら言う。

彼氏に会いにお店に、来たのかぁ?

彼氏2割、遊び8割だな。

さっさと、いけいけ〜〜!

笑われた。

あたしは、8割にいさま、だけど(笑)

だって、彼、とってもエッチなんです。

聞いてくださいよ、皆さん(笑)

まず、あたしの着替え、まじまじ見るんですよ、恥ずかしくて困るのに。

脱げ!とか、いうんです。

じーっと、見るんですよ。

それに、下着の上から、もう、元気になったのを、当てるんですよ。

もう、ドキドキしちゃいます。

鏡の前なんです。

自分の姿や、彼が首筋にキスしてるのとか、自分の蕩けそうな顔とか、見えちゃうんです。

お風呂には、いつも、二人で入るんです。

それだけで、恥ずかしくて仕方ないのに、時、お風呂の中で、ご挨拶して、っておねだりするんです。

ものすごい、元気でビンした、素敵な形の、を。

そして、ベッドでは、必ず、あたしを、先に上にしちゃうんです。

早く、ベッドで、彼の、すっごく上向いちゃった、スを。食べてってするんです。

あたし、お許しを得て、ご奉仕してしまうんです。

で、あたしの、ご奉仕に、たまらなく、甘い声で、

溜め息のような、声を出して。

あたしを、興奮、させるんです。

さわられて、いないのに、熱くなって、しまうんですよ。

あぁ、れ欲しい。

そんな風に、思わせるんです。

彼は、ベッドの上に、立ち上がって、

あたしの、髪を、鷲掴みに、して、

あたしの、顔が見えるように、して、

唇に、

その、すっごく大きい、のを

擦り付けるんです。ぷるん、て。

口を、半開きにして、舌を、出させて、舐め、させたり。

あたしの、上顎に、押し当てて、擦り上げたり、

それは、もう、

大変に

見た目がい、そんなことをして

甘い声で、なくんです。

そんな、声、出されたら、

マーク沢山出ちゃうんです。

あたしは、その頃には、もう

大切な、突起を、

触られたくて、

蜜が溢れて、その、場所を、

かき混ぜて、欲しく、なります。

でも、最高に、がまん、出来ないほど、

ご奉仕したく、なるように、

エムなあたしを、出させてしまうんです。

あぁ、いつまでもって。

あたしの、カラダは、どこに、触れられても、

切なく、甘く、なくように、させられて、いて。

胸は、触れられるたびに、ふるえるし、

太腿に、触れてくる、手には、期待しちゃうし。

カラダが、ぴくん、て、なっちゃう。

あたしから、漏れる、声。

あぁ、気持ち、いい。

留まることを、知らない、彼は、

指で、あたしの、突起や、ぴらぴら、してるとこ、とか。

蜜で、すでに、しっとり、ぬめしてる、彼のを入れる、とことか、触れて。

電気の流れるような、痺れる、刺激を、あたしに、与えるんです。

そして、唇で、舌で、

ちゅぱ、ちゅっ、ぺろって、

あたしの、太腿が、だめって、閉じたくなるように、

腰を、引いて、逃げてしまうように。

なめる。

まるで、ほら、エッチな、エムの、カラダで、沢山感じて、乱れて、もっと。

あぁ、もう、だ、め、な、の。

お願いします。

入れて、欲しい、の。

こんな風に、あたしを、しておいて、

お預けするみたいに、

彼の、を、あたしの、突起や、秘密の、入り口に、擦り、つけるの。

そして、ぬる、つるって、こすってから、

あぁ、だめぇっ、て

入ってきちゃうんだあたしの、中、に

ほら、すごーく、エッチでしょ?

ちゃんと、あたしの、中も、きゅんて、させるとこ、知ってるみたいに。

ずん、って、奥にとか、

ぎゅって、お腹側の、壁とか。

じょうず、なの〜〜。

困ってしまうほど。

あたしの、中は、ね。

離したくないよって、ひく、ひくってなってね。

自分で、動きたくなっちゃったり。

上から、エムなのに、見下ろすのよ。

彼を。

少しだけ、あんまりに、動きすぎたら、彼が疲れちゃう、って思うから。

彼に、恥ずかしい、姿も、

恥ずかしい、声も、

沢山沢山、促されるように、

ああ、もう、だめって、

何度も何度も

昇りつめて

いつでも、あなたのを、受けとめたい。

あなたの、白い、どくん、どくん、波打つように、放たれる液体は、

一枚の薄いもので、隔たりがあっても、あたしの中で。

確かに逃さず中に留めたいかの、ように、強く感触が、伝わって。

あたしも、いつまでも、中のピクピクが、収まらず。

きゅんて、離さないわ、ってしてしまう。

ねえ、さん。

あたしの、彼はとても、エッチだと、思うんです。

あたしの、カラダを、ほんとに、溶かしてしまうから。

ねえ、さん。

さんの、彼女は、どんな感じですか?

素敵なエッチ、してくれますか?

いっぱい、元気に、してくれる?

沢山、気持ちよく、してくれる?

今度、教えてくださいね。

待っていますね。