「見よ飛行機の高く飛べるを」について、あともう少し、語らせてください!

*まず先にひと言*

ご心配頂きましたが、

夜の稽古は、結局中止となりました。

ということで、

こんな時間にのんびりと家におります。

なもので・・・すみません。あと1回語ります

強い思いにも関わらず、

上手くいかなかった「安達先生」という役。

いつかリベンジできたらと思いながら、

十数年が過ぎた、去年の1月。

今度は、ことのはboxさんから、

この作品のオファーを頂いたんです。

  よっしゃぁ、リベンジだっ!

恥ずかしながら、

 一瞬、そう思っちゃいました

でも・・・そんなこと、あるワケない!(笑)

当時でも「安達先生」をやるには、

トシをとりすぎていたくらいなのに、

それから十数年たって、できるワケがないんです。

はい、やっぱり、違う役でした。

私の年齢にぴったりの「菅沼先生」という役。

そりゃそうだよね・・・。

と思いながらも、

あ〜、あと20年若かったらなぁ、

もう一度やりたかったなぁ、

という思いは、なかなか消せませんでした。

いや、それどころか、

最初の読み合わせのときにも、

自分の体の中に、まだ「安達先生」がいて、

本当の役である「菅沼先生」と、

行ったり来たりしていたのです。

こんなことで、

マトモに菅沼先生を演じられるわけがない!

とにかく必死で追い出さねば!

なーんて、

こんなこと思ってる間は、

絶対に追い出せやしないんですよね(笑)

しかし、読み込んでいるうちに、

これまで全然気づかなかったことが見えてきたんです。

それは、

安達先生をやっていたときには、

まったく気づかなかった、菅沼先生の深い愛。

あ、ストーリーも何もお知らせせずに、

勝手に何言ってるんだ、なんですけど、

つまり、

年齢も考え方も違う2人の教師。

でも、その2人をつなぐものがある。

そのことを、

菅沼先生を演じてみて、初めて気がついたんです。

あ〜、安達先生をやってた時に、

なんで気づかなかったんだろう。

遅いわ〜〜

と嘆いたものの、

それをきっかけに、

完全に安達先生が吹っ切れました。

そして今は、

2つの役ができたからこそ、見えてくること。

それを明確にしていきたいと思っています。

なーんちゃって、

こんなに語ってる割に、今、ぐちゃぐちゃ〜〜(笑)

   はははは

でも、バコバコのダメ出しの最後に、

「木村望子はこんなもんじゃないでしょ」

と主宰に言ってもらえた、

そのひと言を起爆剤に、

とにかく頑張ってやっていきます。

  今回こそ、後悔はしないぞ!

まぁ・・・、

あんまり張り切るとロクなことがないので、

そこは、それなりに抑えつつですが(笑)

菅沼先生を楽しめる境地まで、

早く到達できるように、頑張ります!

・・・と、まぁ、長々と3回も語ってしまいました。

妙にマジメな話になったので、

次は、昔やった時のウラ話でも、

出してみましょうか

         

  ことのはbox 第6回公演

 『見よ、飛行機の高く飛べるを』 

詳細はプロフィールページをご覧ください